フランとさわらの西京焼き

今までフランはカリカリを無限に食べようとするくせに、ニンゲンの食べ物にあまり興味を示さない子でした。捨てられてお外で苦労したとはいえ、餌やりさんに恵まれてごはんもらってたもんねえ。

そういうわけでニンゲンは日頃から平気でフランの目の前にごはん並べて食べているんですけど、初めてフランがニンゲン食に反応。

それが「さわらの西京焼き」

なんだかすてきなにおいがしますね…とばかりに、ぺろしぺろしと舌なめずりをしながらにじりよってきたあげく、なんとか西京焼きに近づこうと一生懸命。いや、あのさあ。

思えば、初代うちの子のせっちゃんは、おはぎが入ってたパックのフタを舐めるのが好きでした。あとフレンチトーストの表面をこっそり舐めるのも。甘党か。

二代目うちの子のグラちゃんは、カルボナーラへの反応がヤバかった。多頭飼育下で麺類を食べて生きてきた子だから他の麺にも反応してたけど、カルボが特別に好きだったねえ。あと食パンや菓子パンもターゲットだった。多分パンももらってたんやろな。おかげで食パンは今でもすぐ冷凍庫に入れちゃう。

そしてフランはさわらの西京焼き。おまえだけ渋いな!?!?

焼鮭には舌なめずりなんてしなかったんだけどなあ。酒か。味噌か。どっちだ。

2021/10/18 追記

フランさん明太子も好きなんだって。いやだからお前だけ渋いな???